3歳vs5歳の対局!子どもが将棋好きになるおもちゃを発見!

タイトル

こんにちは!さけふりです😀

我が家では子どもたち(3歳女・5歳男)が将棋にハマっています!

対局

手前が5歳男、奥が3歳女の戦いです!

まだまだめちゃくちゃですが、かなり楽しんでるので何も言わず見守っています!

さけふり

将棋をすると頭がよくなるっていうよね!

だから子どもに将棋を習わせたい親は意外と多いのです!

しかし

  • 「そもそも親が将棋のルールを知らない」
  • 「ルールが難しそうで子どもが覚えられるの?」
  • 「将棋にふれるきっかけがない」

などなど将棋に興味があっても、将棋を始める勇気がない方が多いではないでしょうか。

そんなあなたのために子どもを将棋好きにしたおもちゃを紹介したいと思います!

今回の記事はこんな人にオススメ

・子どもに将棋をさせたい
・親が将棋のルールを知らない
・子どもが将棋に興味なし

目次

結論

これを買いました!!!!

スタディ将棋

公文「newスタディ将棋」の特徴

普通の将棋盤では将棋にハマらなかった子どもがこの商品では将棋にハマりました

それはこの商品ならではの特徴があるからです!

一つずつ紹介していきます!

動かし方がわかる!

子どもがハマる一番の理由がこれです!!

一駒ずつに動き方が書いてある!

将棋の駒

最初子どもたちには私の祖父からもらった将棋盤と駒を与えていました。

しかしドミノとして遊ぶだけで本将棋はしていませんでした。

何度か教えてみたのですが、どうも乗り気ではない様子

さけふり

何が難しい?

子ども

動かし方がわからないんだよ!

さけふり

そりゃそうだ!

反省です。

とういうことで動かし方が書いてある将棋のおもちゃはないのかと考え

たどり着いたのが公文「newスタディ将棋」

買ってみると子どもたちも大喜び

五歳児「頑張って相手の王を取るぞ」

と意気込んで毎日やっています!

そしてなにより親も簡単に将棋が学べます

将棋で一番難しいのは駒の動かし方を覚えること!

その難点が駒のデザインでクリアされていることがこの商品の強みです!

コンパクト

将棋盤や駒は本格的なものであればかなり場所をとります。

おもちゃが多く収納場所に困っている親にとって大きなおもちゃは買いにくいですよね。

公文「newスタディ将棋」のサイズ感はこんな感じです。

まずは駒入れ

駒入れ

右が駒入れです!

ノンタンの絵本より小さいくらいです。

便利なのが、この駒入れは対局中では駒置きになります!

こんな感じ

駒置き

将棋盤を片付ける時はこのようなサイズ感です!

将棋盤2

この折りたたんだ中に駒入れも入れることができるので、

収納としてはこのサイズの場所が必要であると考えておおてください!

だいたいですが「縦16センチ、横36センチ」でした。

解説書・スキルアップブック

他にもこのようなものが入っています!

将棋本

中身は

  • 将棋のルール
  • テクニック集
  • 詰将棋

特に詰将棋が便利です!

5歳でも解けるレベルの詰将棋で、クイズ感覚で遊ぶことができます!

将棋の効果

まずは将棋をするとどのような効果があるのか

豊中将棋センターのブログを引用させていただくと

①集中力が上がる

②負けを認めることができる

③忍耐力がつく

④礼儀が身に付く

⑤感情のコントロールができる

豊中将棋センター

とあります。

その他にも

  • 考える力がつく
  • 自分の行動の一歩先を読める

など様々な効果があると考えられます!

意識したこと

公文「new スタディ将棋」を買っただけで将棋が好きになるのか

といわれれば答えは「ノー」だと思います!

もちろん他の普通の将棋盤よりは好きになりやすいとは思います!

そこで子どもに将棋を好きになってもらう上で意識したこともお話ししておきます!

意識した事

  • 細かいことは言わない
  • 定期的に負けてあげる
  • 対局中可能性だけを示す
  • 細かいことは言わない

    その名の通りです!

    子どもの好きなように打たせます!

    ルール違反のみを注意し、その他はどんな手でも何も言いません!

    まず楽しむのが一番

    やることなすこと全て注意されるのは大人でも嫌ですよね!

    定期的に負けてあげる

    やはり勝たないと楽しくありません!

    相手は5歳ですからある程度負けてあげます。

    3回に2回は負けてます!

    その方が本人も楽しくできますし、「次もやろう」という気にもなってくれます!

    まとめ

    子どもを将棋好きにさせたいのなら

    公文「new スタディ将棋」がオススメです!

    しかし与えるだけでなく、親が工夫して接することが大切なので頑張りましょう!

    基本は将棋を「楽しい」と思える環境を作るだけです!

    ではよい将棋ライフを!!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    ファイナンシャルプランナー2級。
    子育てを頑張る二児の父。FP資格を得るために学んだことを中心に金融教育や資産形成について発信していきます。

    コメント

    コメント一覧 (1件)

    コメントする

    目次
    閉じる