(書評・感想)「 普通の会社員でもできる日本版FIRE超入門」

タイトル

こんにちはさけふりです。

30代妻子持ちが読んだ本を紹介するブログです。

同じ属性の方に参考になればいいなと思って発信をしています。

今回は「FIRE」について

30代にもなればお金について考えることも増えてきます。

特に子供の教育資金や自分の老後資金

そして自分のキャリアについて

仕事がめちゃめちゃ嫌なわけではないですが、できれば55歳くらいでリタイアしたい

元気なうちに旅行したり、ゆっくり自分のしたいことに時間を使いたい

そう思うようになりました

今回は最近テレビでも取り上げられている

「Financial Independence, Retire Early」略して「FIRE」についての入門書を読んで今後の人生設計に役立てようと思いました。

[itemlink post_id=”299″]

今回の記事はこんな人におすすめ

・資産形成や老後が不安な人
・FIREに興味がある人
・お金の知識に自信がない人
目次

本の内容

日本版FIREの入門書である本書

今まではFIREといえばアメリカの本が多かったので日本人が読んでも参考にできない部分がありました

しかし今回は「日本の制度でFIREするなら」の話をしてくれています。

そのため非常にわかりやすい内容となっています。

まず本書は7つのセクションにわかれています。

①基本
②稼ぐ
③節約
④増やす
⑤知識
⑥実行
⑦メンテナンス

稼ぐ、増やす、節約あたりは両学長の五つ力と少し似ているかもしれません。

こちらの動画、非常にわかりやすいので、資産形成に興味のある人は是非みてみてください。

書籍もあります。

[itemlink post_id=”306″]

基本

ここでは「FIRE」についての解説です。

稼ぐ

FIREにおいて一番重要な要素は稼ぐ力です。

お金を多く稼いで貯蓄や投資に回すことが基本的なFIREへの道筋になります。

一番印象に残っている部分としては「会社の人事評価のシートは真面目に書け」という部分です。

詳しい中身を説明することは控えますが

「どうすれば年収が上がるのかしっかり調べて行動せよ」

ということです

また本書を読んでいて気づいたことは

夫婦共働きは最強」ということです。

年収が夫600万、妻400万の合わせて1000万というような形に30代でなれれば

プチFIRE(5年ほど早くリタイア)は楽にできそうだなと感じました。

節約

「できるだけ生活の質は落とさず、コストだけを落とす」

節約というと辛いイメージがありますが、筆者のこの言葉を聞いて自分も何かできそうだと思いました。

例えば携帯料金

同じようなサービスでも、契約する会社によって大きく料金が変わってきます。

私自身今は「楽天モバイル」で1年間無料です。

その前はauを使用していたので夫婦で月1万円以上の節約になりました。

このようにケチケチするのではなく、今のサービス内容で他に安いものはないかという視点を持つことが大切です。

他にも貯蓄率についてや、FIRE後も節約生活が必要であることを丁寧に説明しています。

増やす

つみたてnisaやIdecoを活用していくことで稼いで貯めたお金を増やしていきます。

つみたてnisaは夫婦で行っているのでいいのですが、idecoはまだしていませんでした。

早速本を読んだ30分後には証券会社でidecoの申し込みをしました!

「株は怖いものだ」「ギャンブルだ」という認識が強い人もまだまだ多いです。

しかしつみたてnisaでのインデックス投資であれば、全財産がなくなるようなことはほぼあり得ません

また長期で見ればたいていはプラスになります。

まだ始めていない人は是非書籍等で勉強して、始めてみるべきだと思います!

知識

この章では「マイホームは買うべきか」「民間保険はどれくらいいるのか」

というようなFIREを目指していない人でも気になるような話が出てきます。

FIREするしないに関わらず30代にもなれば国のお金に関する制度くらいは最低限知っておきたいところです。

私は20代後半でお金の勉強に目覚めファイナンシャルプランナー3級を取得しました。

社会人として知っておきたい最低限の知識が詰まっているのがFP3級です。

もし興味があれば挑戦してみてください。

勉強方法等は過去の記事で紹介しています。よかったらこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
仕事と両立!朝と夜の30分でOK!資格勉強法!(fp3級ver) 【最初に】 最近、資産運用の話題がメディアに取り上げられたりすることが増えてきました。 そんな中で有名YouTuberの両学長がおすすめしているお金の資格が「fp3級」...

実行

ここでは具体的な数字を使ってFIREへの道を示してくれています。

具体的にはこの3つ

  • プチFIRE
  • 50歳代でのリタイア
  • 40歳代でのリタイア

読んでいて思ったのはプチFIREは誰でも頑張ればできるのではということ

個人的には55歳で夫婦で引退し、動けるうちに各地に旅行に行きたいですね。

そのためにはいくらくらいの資産がいるのか、年金はどれくらいになるのか

緻密な計算が求められます。

メンテナンス

ここではFIRE後の資産運用について書かれています。

FIRE後に大暴落が起きたら?

そんなことを考えていたらせっかくのリタイア生活も楽しめません。

ある程度は事前に対応策を考えておく必要があります。

一番最悪なのはいけると思ってリタイアしても、お金が足りずまた働く羽目になること

それを避けるためにもメンテナンスは欠かせません

まとめ

今回の本「普通の会社員でもできる日本版FIRE超入門」はFIREするしないに関係なく非常にためになりました。

30代妻子持ちなら、最低限知っておきたいお金の知識もたくさん書いてあるのでオススメです。

是非読んで、豊かな生活を目指していきましょう!

[itemlink post_id=”299″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナー2級。
子育てを頑張る二児の父。FP資格を得るために学んだことを中心に金融教育や資産形成について発信していきます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる